現場を支える社員の声

福見産業の使命

あらゆる業界において、物流はいまや販売、製造と並ぶ経営の柱となっている中、梱包、仕分け、発送までの作業効率化を提案し、納品、メンテナンスまで行っています。
また、包装梱包の資材や機器メーカーの新商品情報を、効率に役立つ情報の提供も行っています。毎日発送の現場に出向き仕事をしますが、私たちが直接包装や梱包作業、配達するわけではありません。しかし、私たちの仕事の先には商品を待っているお客様(消費者)がいます。

作業の第一線で働く方や事務スタッフの方々が仕事をしやすくする事を常に考えます。
様々な作業状況での要望を各メーカーへ伝え、また新しい商品開発へ生かしていく。
私たちが作業現場とメーカーのプラットフォームとなり両社を「つなぐ」役割を果たす事で、お客様へ最良の作業を提供するお手伝いをしていきます。

お客様の不満や不便を解消して、満足して頂くために欠かせない、包装梱包材料、物流機器、効率化設備を販売するという仕事に責任をお持ち、お客様にとって一番良いものは何かを常に考えます。

その為に日々勉強し、最新の情報、有益な情報を得てお客様の要望にお応えできる体制を万全につくり、最前線の現場を支えることが私たちの使命です。

当事業部で活躍する現場スタッフのリアルな声を、お届けします。

これからもともに成長を。心から「ありがとう」と言える最高のメンバー。

営業2部 課長 根本 博

段ボールは100%オーダー生産です。
私は段ボール製造業界のお客様へ定期訪問、新規開拓等の営業活動が仕事。
お客様の要望によって包装資材、段ボール束を結束する設備機器、安定稼働に不可欠なメンテナンスを中心にパワフルに仕事を行っています。
2部メンバーは気力、体力とも十分です。またチームワークもとてもよく、困ったときには支え合うことができる優しいスタッフばかり。とても恵まれています。
最後に、普段は恥ずかしくて言えないメッセージを。「みんなありがとう。これからも一緒に精進しましょう!」。